ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

ゴルフスイングの基本

   

スライスが治ってもフックしては意味が無い!

ゴルフスイングを大まかに分解すると、グリップ、アドレス、テークバック、トップ、ダウンスイング、インパクト、フォロー(フィニッシュ)です。

 

その段階別で初心者に重要な部分をを解説していきます。

 

アドレス

初心者の方はアドレスにあまり気を遣わないのではないでしょうか?

 

ここでは、アドレスというよりは、自分が向いている方向を意識してもらいたいと思います。

 

打ち終わって「右に行った」と思う場合でも、実際はその方向にアドレスをとっていて、真っすぐ飛んでいる場合もあります。
練習では、アドレスをとったら、両足のつま先にクラブが平行になるように地面に置き、一旦打席を外し、後ろからクラブの向いている方向をチェックしてください。
常日頃の練習からこの方向性を意識してください。

 

 

テークバック

テークバックは「インに引きすぎるな」「手だけで上げるな」とよく言われています。インに入るのは肩だけでグリップは真後ろにほぼ真っ直ぐあげていきます。
アドレスで作った腕の形を維持するようなイメージで腰、肩の順に回転させます。あくまでイメージです。腕の位置もずれますし、右ひじも曲げていきます。

 

体全体を使ってテークバックします。その時、頭と両膝は出来るだけ動かないように意識します。意識しても勿論動きます。

 

自由にするなってことです。この我慢によって捻りのパワーが溜まります。手だけで上げると手の力分しか飛距離がでません。筋肉バカだと手だけでも飛距離はでますが。

 

もう一つ頭と両膝の位置を維持する理由は、クラブがその位置に戻ってきやすいからです。あれこれ体を動かせば、元の位置に戻すのにも同じ量だけ体を動かさないといけません。クリーンヒットの確率を上げる為にも不必要な動きは避けます。

 

コック

コックする理由は、ヘッドスピードを上げるためです。正しいコックを覚えれば、力まずにヘッドスピードが上がります。

 

コックは、手首を曲げる行為ですが、手首が曲がる方向は、手の甲側、掌側、親指側、小指側の4方向あります。

 

テークバックの始動と同時に右手の甲側にコックすると言う人もいると思いますが、それだとフックが酷くなります。現状スライスに悩んでいる人にとっては、良いかもしれません。珍しく捕まった強い球が打てるかもしれません。一時的には良いかもしれませんが、理想のスイングに近づいた時には、フックに悩むことになります。

 

正解は、右手親指方向から若干右手甲側に曲げます。

 

ただし、今までノーコックでスイングしていた方がコックを入れようとすると違和感から腕に力が入り、打球があちこち散らばることもあります。
ゴルフは脱力が基本です。

 

 - スイングの基本

pc

pc

  関連記事

no image
飛ばないのはなぜ?飛距離を伸ばすにも基本が大切。

飛距離も基本から アイアンでもドライバーでもある程度の飛距離を出すには、捕まった …

飛ばすためのドリルあんどスイングの基本がわかる練習法です。

今回紹介するドリルは、飛距離を伸ばすために必要な筋力をつけると同時に、スイングの …

no image
左へ振り抜いたらフックしませんか?

スライス、シャンクを解消するために左へ振り抜くと言いますが、左へ振り抜くとフック …

ビジネスゾーンにのみ集中する!

今回の記事は、ゴルフ歴は長いものの決して上手くない人向けです。まだ初心者の方には …

バンカーショットの手前でダフらせるは嘘!

この言葉が初心者を悩ます。   まず、グリーン周りのバンカーのお話です …

ゴルフスイングは縦振りって正しいの?

巷では、ゴルフスイングは縦ぶりや横振りなど人によって言うことがばらばらです。 & …

アイアンはフェースが開きやすいことを理解しないとシャンクは治りません。

アイアンはフェースが開きやすい特性だと一度は聞いたことがあるかもしれません。アイ …

no image
ゴルフはグリップで決まるの!?

「ゴルフはグリップで決まる!!」や「ゴルフはグリップで始まりグリップで終わる」な …

アームローテーションを覚えればスライス、シャンクは必ず治ります。

今まで内緒にしていましたが、アームローテーションという秘技を習得してしまえば、こ …

no image
アイアンのダフリ対策をしよう!

まず初めに初心者に対する記事になります。   初心者を卒業して多少うま …