ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

ビジネスゾーンにのみ集中する!

   

今回の記事は、ゴルフ歴は長いものの決して上手くない人向けです。まだ初心者の方には適さない内容です。

 

アイアンがからっきしダメ、ティーショットが怖い、ゴルフスイングがわからないと迷走中向けの記事です。

 

ゴルフのビジネスゾーンとは

シングルの方からの名言です。

 

ビジネスゾーンだけ集中しろ!ビジネスゾーンだけ力を入れろ!

 

そもそもゴルフで言うビジネスゾーンとは、どこでしょうか?

 

アドレス時の右足と左足の間です。人それぞれ体形も、アドレスの形も違いますから誤差はありますがだいたいそんな感じです。

 

悩める子羊(プレイヤー)たちは、あれを治そう、これを直そうと考えすぎです。

 

トップの形はこうでなければならない。手首はこう、肘はこうと。

 

すごく大袈裟に表現しますが、

 

トップにどのような動きで持っていこうが、ダウンの始動をこうしようとか、フォローはこうやって振り抜こうとか関係ない

 

トップ、ダウンの始動がどうであれ、ボールを打とうとすれば、必ず右足の前から左足の前をクラブが通り抜けます。

 

そのビジネスゾーンの軌道が正常であれば、アイアンもドライバーもそれなりに当たるということです。

 

 

集中するとは?

前傾を維持し、ヘッドアップせず、インパクトまでボールから目を離さないことが集中です。

 

しかし、上手く行かず、精神面ボロボロなプレイヤーもそれは気にかけているはずです。

 

「ビジネスゾーンに集中する」とは、言い換えると、その部分だけ力を入れるということです。

 

何度も同じ説明になりますが、トップから振りにいくから、スイングブレーンから外れてだふり、トップ、スライス、フック、シャンクなどミスのオンパレードになるのです。

 

前傾を維持して、クラブが右足付近にきたら振り抜くのです。

 

 

右足までどうやって持っていく?

シングル級になると、自然にそこまでいくという感じです。

 

しかし、お悩み中の人にとってはそんなわけにはいきません。

 

手だけで持っていっても上手くはいきません。

 

前傾を維持し、腰のひねりを開始し、腕を脱力して待つだけです。

 

例えるなら振り子のイメージです。

 

腰のひねりで振り子を開始し、右足付近まで我慢するのです。

 

そこまできて、初めてスイング開始です。

 

もっと大袈裟に言えば、フォローだけスイングするイメージです。

 

そんなスイングで飛距離が出るの?と思われるかもしれませんが出るのです。

 

クラブに振られるということが感じ取れると思います。
力を抜くこと、ダウンは重力でということが理解できるかもしれません。

 

とにかく、我慢!我慢!

 - スイングの基本

pc

pc

  関連記事

no image
ゴルフスイングの基本

スライスが治ってもフックしては意味が無い! ゴルフスイングを大まかに分解すると、 …

no image
飛ばないのはなぜ?飛距離を伸ばすにも基本が大切。

飛距離も基本から アイアンでもドライバーでもある程度の飛距離を出すには、捕まった …

バンカーショットの手前でダフらせるは嘘!

この言葉が初心者を悩ます。   まず、グリーン周りのバンカーのお話です …

no image
気を付けてほしいこと

雑誌やプロの意見は100%鵜呑みにするな! ここでは、上級者やプロなどがよく初心 …

no image
アイアンのダフリ対策をしよう!

まず初めに初心者に対する記事になります。   初心者を卒業して多少うま …

no image
ゴルフはグリップで決まるの!?

「ゴルフはグリップで決まる!!」や「ゴルフはグリップで始まりグリップで終わる」な …

ダウンスイングは字のごとくまず下方向へ!!

前回は左手首の角度の維持をお話しましたが、今回はダウンスイングの始動の仕方につい …

飛ばすためのドリルあんどスイングの基本がわかる練習法です。

今回紹介するドリルは、飛距離を伸ばすために必要な筋力をつけると同時に、スイングの …

アイアンはフェースが開きやすいことを理解しないとシャンクは治りません。

アイアンはフェースが開きやすい特性だと一度は聞いたことがあるかもしれません。アイ …

アームローテーションを覚えればスライス、シャンクは必ず治ります。

今まで内緒にしていましたが、アームローテーションという秘技を習得してしまえば、こ …