ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

バンカーショットの手前でダフらせるは嘘!

   

この言葉が初心者を悩ます。

bankashot

 

まず、グリーン周りのバンカーのお話です。

 

「ダフる」は、間違ってはいません。

 

バンカーショットはエクスプロージョンショットとも呼ばれます。砂を爆発させてボールを運び出すからこう呼ばれています。

 

この言葉を聞いてどうでしょうか?

 

思い切り砂を叩けば、簡単にバンカー脱出できると勘違いしてしまうのではないでしょうか?

 

鍬をもって畑を耕すように上下にクラブを振り下ろしてもうまく行くわけがありません。

 

鋭角に砂にクラブを振り下ろしてもリーディングエッジが突き刺さり地中にクラブがめり込むだけでボールに力が伝わりません。砂が堅い場合は、リーディングエッジが跳ね返されトップして反対側のバンカーへということに。

 

10回に1回くらいは、たまたま脱出できるかもしれませんが、バンカーの中から打ち直しが続くはずです。

 

そのようなスイングでも、地中にめり込んだクラブを無理矢理パワーで砂ごと運びだそうとフォローをとれば、成功の確率は高まるかもしれません。それでもピンまでの距離がある場合は、地球ごと運び出すパワーが必要になり現実的ではありません。もちろんあごが低く、すぐ目の前がグリーンであればそのスイングでも問題ありませんが。

 

しかし、そのようなスイングを続けている限りバンカーで簡単に1打2打と損をしてしまいます。1ラウンドで4回捕まれば、最悪10打損もありえます。バンカーに捕まらなければ良いスコア。捕まれば終わりになってしまいます。

 

プロのふわりと上げるバンカーショットをスローでみればわかるのですが、先にフェースが抜けた後に、ボールが浮かび上がります。ダフって終わりのスイングではなく、ダフッてフォローが取れるスイングが必要になります。

 

バンカーショットの基本は別で解説しますが、苦手な人はスイング軌道が違う可能性が大です。逆に得意な人はアプローチでフェースに球を乗せることが上手です。基本的に球を浮かすアプローチとバンカーショットは同じです。

 

なかなかバンカーショットを練習できる場所はないかもしれませんが、アプローチは普通の練習場で出来ます。

 

アプローチの練習をひたすらして、フェースに球が乗る感触を掴めれば自ずとバンカーショットも上手くなるはずです。

 

 - スイングの基本

pc

pc

  関連記事

no image
ゴルフはグリップで決まるの!?

「ゴルフはグリップで決まる!!」や「ゴルフはグリップで始まりグリップで終わる」な …

no image
左へ振り抜いたらフックしませんか?

スライス、シャンクを解消するために左へ振り抜くと言いますが、左へ振り抜くとフック …

no image
気を付けてほしいこと

雑誌やプロの意見は100%鵜呑みにするな! ここでは、上級者やプロなどがよく初心 …

ゴルフスイングは縦振りって正しいの?

巷では、ゴルフスイングは縦ぶりや横振りなど人によって言うことがばらばらです。 & …

ビジネスゾーンにのみ集中する!

今回の記事は、ゴルフ歴は長いものの決して上手くない人向けです。まだ初心者の方には …

アームローテーションを覚えればスライス、シャンクは必ず治ります。

今まで内緒にしていましたが、アームローテーションという秘技を習得してしまえば、こ …

飛ばすためのドリルあんどスイングの基本がわかる練習法です。

今回紹介するドリルは、飛距離を伸ばすために必要な筋力をつけると同時に、スイングの …

ダウンスイングは字のごとくまず下方向へ!!

前回は左手首の角度の維持をお話しましたが、今回はダウンスイングの始動の仕方につい …

no image
飛ばないのはなぜ?飛距離を伸ばすにも基本が大切。

飛距離も基本から アイアンでもドライバーでもある程度の飛距離を出すには、捕まった …

アイアンはフェースが開きやすいことを理解しないとシャンクは治りません。

アイアンはフェースが開きやすい特性だと一度は聞いたことがあるかもしれません。アイ …