ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

肩の回転でスイング出来ていますか?

   

重複する内容かもしれませんが、人それぞれスイングイメージが違いますので、言葉、視点を変えてシャンク対策のスイングを紹介します。

 

意識することは肩の回転

katakaiten

男子プロのドライバーでのティーショットのトップの写真です。プロなので体の柔軟性が高いのもありますが、前傾を維持して肩がアドレス時から90度回転しています。

 

このスイングを正面から見る側の人にとっては、右肩がアドレス時より高い位置にあるので縦回転に見えるかもしれませんし、スイングする自分自身からすれば、横回転のイメージでしょう。

 

アドレス時の両肩を結ぶ直線とトップでの両肩を結ぶ直線が90度くらいになるように肩を回転させましょう。

 

大袈裟な表現をすれば、左肩が右足甲の上部にくるくらい肩を入れましょう。

 

 

グリップはインに引き過ぎない

これも繰り返しになりますが、トップでのグリップの位置は、顔と右肩の間に収まるようにしましょう。

 

インサイドインという言葉に騙されてグリップをイン(横方向)に引き過ぎると、シャンク、引っかけ、フックとインパクトのタイミングによって様々なミスが出てしまいます。

 

肩はしっかり回転させますが、それにつられてグリップまで真横に引かずに上方向へ上げてください。

 

トップで左手の親指の腹の上にグリップ(シャフトが)乗るようにしてください。

 

シャンクにお悩みの方は肩の回転不足かもしれません。

 

肩を横回転させるが、両腕は上方向へ

 

 

前傾維持

これもしつこい話しになりますが、トップでも前傾はキープです。

 

ここで上体が起き上がってしまうと、スイングブレーンが崩れます。崩れるというよりは、いろいろなブレーンを辿ることが出来てしまいミスに繋がります。

 

余分な動きを入れるから、フェースが正しい向きに戻ってこずシャンクが起こる。

 

前傾が崩れると、その分沈み込まないとインパクト出来ません。

 

上体ごと突っ込む。右肩が下がる。何か悪い動きをひとつ入れないとインパクト出来ません。

 

だから前傾の維持は重要なのです。

 

別に捻転を作りボールを飛ばすためにも重要です。

 

腕の力は抜いて肩の回転でスイングするイメージを試してみてください。

 

トップで肩の回転ができていても、肩の開きが早いとスライスすると習って、インパクトからフォローにかけて肩の回転がストップしているかもしれません。

 

シャンクが治らない場合は、積極的に肩を使っていきましょう。

 

肩を使って左へ振り抜きましょう!

 - シャンク

pc

pc

  関連記事

シャンクが治らない人は、腰をしっかり使っていますか?

またまた、左へ振り抜く話の続きになります。しつこいシャンクに悩ませている人は、左 …

no image
シャンクを治った10個の動画Part1

プロと一般プレイヤーの原因は違う! プロのスイングを後方から見た場合、グリップは …

アームローテーションを覚えればスライス、シャンクは必ず治ります。

今まで内緒にしていましたが、アームローテーションという秘技を習得してしまえば、こ …

アプローチシャンクを解消しよう!

アプローチほど難しいものはないですよね。なにが難しいかというと、フルスイングが出 …

no image
プッシュアウトもシャンクも原因は同じ!

プッシュアウトの原因と対策 プッシュアウトは振り遅れているから右に出ると言われま …

アイアンはフェースが開きやすいことを理解しないとシャンクは治りません。

アイアンはフェースが開きやすい特性だと一度は聞いたことがあるかもしれません。アイ …

no image
V字スイングでシャンクを治そう!

  今回はシャンク克服法についてです。   出来るだけ簡単な …

no image
誰もが恐れるシャンクの治療方法を教えます!

シャンク防止のスイング矯正! ゴルフが少し上達してきた頃に出現すると言われるシャ …

初心者は体重移動を抑えた方が、スライスが治るのでは!?

何度も書いているかもしれませんが、人のスイングは十人十色でバラバラです。ブログや …

no image
シャンクを直すには左へ振りぬく!!

今回の記事は、シャンク、スライスどちらに悩んでいる人にも効果があることです。 & …