ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

スライス防止で意識すること。

   

ゴルフはフェイスが開くからスライスする!

ゴルフでは飛距離をだそうと思ってスイングを急ぐと、顔をがインパクトより前に上がってしまいます。顔が速く上がれば左肩が開きフェースが開いてしまいます。またアドレスから既に体が左方向へ開いている場合もスライスします。

 

もうひとつは、クラブがアウトサイドから入ってボールを擦るだけの打ち方でもスライスします。このボールを擦るだけの打ち方は、ボールをフェイスの接触時間が短いため飛距離も全然出ません。

 

またスライスの原因としてクラブの構造上の問題もあります。ゴルフはシャフトの先端にフェースが取り付けられています。野球のバットはシャフト(シャフトとはいいませんが)のみです。

 

ゴルフのスイートスポットは、シャフト上ではなくフェースの中央下部付近にあります。このことが、フェースを開きやすくしています。

 

 

 ドライバースイングとアイアンスイングの違い

ゴルフ初心者の方には、アイアンは真っ直ぐ打てるけど、ドライバーがスライスするという人はたくさんいると思います。

 

これに当てはまる人はやはりスイングがアウトサイドイン軌道になっている人だと思われます。アイアンの場合は、ドライバーと比較するとボールを上から叩きクラブとボールの接地時間が短いためアウトサイドインでも、スライス回転が少なくなります。

 

しかし、ドライバーのスイングでは、インパクト付近でアッパーブローになりボールをフェースに乗せて打つため、アウトサイドインでは横回転が多くなり非常にスライスします。

 

また、ドライバーはシャフトが長いので、アイアンと比べシャフトがしなりやすいです。しなりが戻る前にインパクトしてしまえば、当然フェースが開くことになります。

 

基本ドライバーもアイアンもスイングは同じです。アドレス時のボールの位置やインパクト付近の軌道が若干違うだけでインサイドインのスイングが理想的です。

 

 

気をつけることは?

1 インパクトまでボールを見続ける

2 ボールを打とうと右肩を前に出しすぎない

3 体の左側の開きを我慢する

4 左脇を適度に締めながらスイングする

5 アドレスで両肩が打ちたい方向へ向く

6 振り急がない

7 体の右側で我慢する

 

結局どれも同じことを意味していますが自分の実践しやすいような意識をもてばいいでしょう。

 

練習するときは、いろいろとアドバイスを受けると思いますが、あれもこれもと考えずに、1個のことだけに集中した方がよいと思います。

 

アドレスからフィニッシャまでがスイングですので、気を付けることは気を付けて最後まで振り切りましょう。

 

スイングの通過点にボールがあると考えましょう。ボールを打つのではなく、フィニッシュまで振りぬくことを意識しましょう。

 

インパクトまでを意識しるぎるとヘッドが走らず、フェースが開きやすくなります。

 - スライス

pc

pc

  関連記事

no image
スライス矯正レッスン

プロ、レッスンプロが推奨するスライス矯正レッスン スライスを防止するためにはドロ …

アイアンはフェースが開きやすいことを理解しないとシャンクは治りません。

アイアンはフェースが開きやすい特性だと一度は聞いたことがあるかもしれません。アイ …

no image
シャンクを直すには左へ振りぬく!!

今回の記事は、シャンク、スライスどちらに悩んでいる人にも効果があることです。 & …

no image
タイプ別克服法 ゴルフスライスこうやって直す!

スライス克服法をタイプ別に紹介! トップページでも説明したようにスライスは3種類 …

アームローテーションを覚えればスライス、シャンクは必ず治ります。

今まで内緒にしていましたが、アームローテーションという秘技を習得してしまえば、こ …

no image
インサイドインでスライスにサヨナラ!

インサイドインをイメージ! まずはこの動画をご覧ください。 某有名レッスンクラブ …

初心者は体重移動を抑えた方が、スライスが治るのでは!?

何度も書いているかもしれませんが、人のスイングは十人十色でバラバラです。ブログや …

左手首の角度を意識するだけでスライスは治まるかも!!

今回は、ごくごく基本的な話で簡単なスライス撲滅法です。いろいろなことを考えて悩み …