ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

アイアンはフェースが開きやすいことを理解しないとシャンクは治りません。

   

open-576215_1280

アイアンはフェースが開きやすい特性だと一度は聞いたことがあるかもしれません。アイアンを持ち上げて胸の高さまで持ってきて少しだけフェースを開いた時点で力を抜くと自然にフェースが開く方向に回転するはずです。

 

ゴルフクラブはシャフトの先端に重さのあるフェースが取りついているので力学で言うモーメントという力が働くからです。モーメントとは、物体を回転させようとする力、物体を曲げさせようとする力だったはずです。

 

よってトップからダウンスイング、インパクトに進む際に、左脇が開いたり、右肩が下がったりとフェースが開いてしまう要件が出現してしまうと、フェースは終始開く方向に力が働きます。

 

上記の理由により、シャンク、スライスに悩まされ続けているゴルファーは、考え方を変えないといけません。

 

スイングには重力も遠心力もかかりますので、一度開いたフェースを閉じるのは困難になります。そこでお悩みの方が真っ直ぐ飛ばそうととる方法は、インパクトで手首をこねる。こねるタイミングによってチーピンもスライスも出てしまう

 

そこでフェースを維持するにはどうすれば良いかの対処法です。まずは、以前にも書いた、アームローテンションです。

 

アームローテンションを覚えればシャンクスライスは必ず治ります

 

方法は上記のページを参考にしてください。

 

1番最初にフェースは開きやすいとは言いましたが、逆にフェースがある時点で閉じていれば、あとは閉じる方向に力が働きます(余計な動きをしなければ)。これも胸の高さにクラブを上げてフェースを若干閉じて力を抜けば閉じる方向に回転するはずです。

 

では、どこでフェースが閉じてればよいのでしょうか?

 

正解はハーフウェイダウンです。シャフトが腰の高さに位置するときです。この位置でアドレス時の前傾の角度と同じ方向にフェースが向いていれば、あとはインパクトまでに自然とフェースが閉じる方向に動いてくれます。

 

ただし、条件があります。腰の高さに来るときに手先で向きを調節するだけの場合や、力任せに振り回していてもこれまでと何も変わらないでしょう。アームローテンションと背骨を軸にした回転をすることによってフェースは閉じてくれます。

 

トップから力任せでは、ダフリ、スライス、シャンクとはサヨナラできないでしょう。なかなかボールを見るとトップから力を抜くことに違和感があり難しいかもしれません。しかし、ダウンスイングの始まりは、スイングブレーンに乗せることと、フェースの向きを調整することに集中しましょう。それが出来れば後は回転するだけです。

 - シャンク, スイングの基本, スライス

pc

pc

  関連記事

no image
ゴルフスイングの基本

スライスが治ってもフックしては意味が無い! ゴルフスイングを大まかに分解すると、 …

ビジネスゾーンにのみ集中する!

今回の記事は、ゴルフ歴は長いものの決して上手くない人向けです。まだ初心者の方には …

肩の回転でスイング出来ていますか?

重複する内容かもしれませんが、人それぞれスイングイメージが違いますので、言葉、視 …

no image
プッシュアウトもシャンクも原因は同じ!

プッシュアウトの原因と対策 プッシュアウトは振り遅れているから右に出ると言われま …

no image
アイアンのダフリ対策をしよう!

まず初めに初心者に対する記事になります。   初心者を卒業して多少うま …

シャンクが治らない人は、腰をしっかり使っていますか?

またまた、左へ振り抜く話の続きになります。しつこいシャンクに悩ませている人は、左 …

no image
シャンクを治った10個の動画Part1

プロと一般プレイヤーの原因は違う! プロのスイングを後方から見た場合、グリップは …

no image
スライス矯正レッスン

プロ、レッスンプロが推奨するスライス矯正レッスン スライスを防止するためにはドロ …

no image
V字スイングでシャンクを治そう!

  今回はシャンク克服法についてです。   出来るだけ簡単な …

ダウンスイングは字のごとくまず下方向へ!!

前回は左手首の角度の維持をお話しましたが、今回はダウンスイングの始動の仕方につい …