ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

アームローテーションを覚えればスライス、シャンクは必ず治ります。

   

fsb

今まで内緒にしていましたが、アームローテーションという秘技を習得してしまえば、これまで悩まされ続けてきたスライス、シャンクという憎き病から解放されるのは時間の問題です。

 

 

アームローテーションとは?

トップの位置で左腕が右腕より上にある状態をフォローで右腕が左腕より上にある状態にすること。

 

または、トップでフェースが開きインパクトで閉じる動き。フェースローテーションともいいます。

 

言葉では説明しずらいので動画をどうぞ。


この動画では意識的にやらない方が良いと解説していますが。出演の女性は、意識していなくても普通にローテーションが身についています。今まで意識していなかった人はやはりローテーションを意識してスイングするべきです。

 

もっとわかりやすいうちわを使ったドリルがあったのですが、見つかりませんでした。スミマセン。

 

 

 

左腕の使い方

アームローテーションの肝は、ダウンスイングからフォローにかけて左腕を外旋させることです。外旋とは、フリスビーを左手で投げたときの左腕(左肘)の動きです。左脇が閉まり、左の掌が上を向きます。

 

まずはアイアンで練習するより、ドライバーで練習したほうがコツを掴みやすいと思います。

 

ドライバのアドレスでのボールの位置が中央より前目なのと、ボールがティーアップされているのでアームローテーションしやすいはずです。

 

最初はボールが左へ出ると思いますが、ローテーション出来ている証拠になりますので気にしないでください。とにかく力を抜いてタイミングを掴みましょう。

 

注意点はあくまでローテーションさせるのは腕であって、手首で操作しないでください。酷い引っかけがでてしまいます。

 

 

メリット

嘘と思われるかもしれませんが、腕のローテーションを習得できれば、スイングに力が要らないことがわかります。軽く振っている感じですが捕まった球が打てますので、今まで力んでいたスイングより飛距離は伸びると思います。また力を入れないのでフック、スライスの曲りも低減し、OBは確実に減少です。

 

ボール代も安くあがりますよ~

 

また動画で解説しているとおり、体全体でのローテーションが身に付けば飛距離アップは間違いなしです。

 

一度お試しあれ!!

 - シャンク, スイングの基本, スライス

pc

pc

  関連記事

no image
V字スイングでシャンクを治そう!

  今回はシャンク克服法についてです。   出来るだけ簡単な …

no image
左へ振り抜いたらフックしませんか?

スライス、シャンクを解消するために左へ振り抜くと言いますが、左へ振り抜くとフック …

ビジネスゾーンにのみ集中する!

今回の記事は、ゴルフ歴は長いものの決して上手くない人向けです。まだ初心者の方には …

no image
スライス防止で意識すること。

ゴルフはフェイスが開くからスライスする! ゴルフでは飛距離をだそうと思ってスイン …

no image
アイアンのダフリ対策をしよう!

まず初めに初心者に対する記事になります。   初心者を卒業して多少うま …

no image
飛ばないのはなぜ?飛距離を伸ばすにも基本が大切。

飛距離も基本から アイアンでもドライバーでもある程度の飛距離を出すには、捕まった …

飛ばすためのドリルあんどスイングの基本がわかる練習法です。

今回紹介するドリルは、飛距離を伸ばすために必要な筋力をつけると同時に、スイングの …

シャンクが治らない人は、腰をしっかり使っていますか?

またまた、左へ振り抜く話の続きになります。しつこいシャンクに悩ませている人は、左 …

ゴルフスイングは縦振りって正しいの?

巷では、ゴルフスイングは縦ぶりや横振りなど人によって言うことがばらばらです。 & …

アプローチシャンクを解消しよう!

アプローチほど難しいものはないですよね。なにが難しいかというと、フルスイングが出 …