ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

アームローテーションを覚えればスライス、シャンクは必ず治ります。

   

fsb

今まで内緒にしていましたが、アームローテーションという秘技を習得してしまえば、これまで悩まされ続けてきたスライス、シャンクという憎き病から解放されるのは時間の問題です。

 

 

アームローテーションとは?

トップの位置で左腕が右腕より上にある状態をフォローで右腕が左腕より上にある状態にすること。

 

または、トップでフェースが開きインパクトで閉じる動き。フェースローテーションともいいます。

 

言葉では説明しずらいので動画をどうぞ。


この動画では意識的にやらない方が良いと解説していますが。出演の女性は、意識していなくても普通にローテーションが身についています。今まで意識していなかった人はやはりローテーションを意識してスイングするべきです。

 

もっとわかりやすいうちわを使ったドリルがあったのですが、見つかりませんでした。スミマセン。

 

 

 

左腕の使い方

アームローテーションの肝は、ダウンスイングからフォローにかけて左腕を外旋させることです。外旋とは、フリスビーを左手で投げたときの左腕(左肘)の動きです。左脇が閉まり、左の掌が上を向きます。

 

まずはアイアンで練習するより、ドライバーで練習したほうがコツを掴みやすいと思います。

 

ドライバのアドレスでのボールの位置が中央より前目なのと、ボールがティーアップされているのでアームローテーションしやすいはずです。

 

最初はボールが左へ出ると思いますが、ローテーション出来ている証拠になりますので気にしないでください。とにかく力を抜いてタイミングを掴みましょう。

 

注意点はあくまでローテーションさせるのは腕であって、手首で操作しないでください。酷い引っかけがでてしまいます。

 

 

メリット

嘘と思われるかもしれませんが、腕のローテーションを習得できれば、スイングに力が要らないことがわかります。軽く振っている感じですが捕まった球が打てますので、今まで力んでいたスイングより飛距離は伸びると思います。また力を入れないのでフック、スライスの曲りも低減し、OBは確実に減少です。

 

ボール代も安くあがりますよ~

 

また動画で解説しているとおり、体全体でのローテーションが身に付けば飛距離アップは間違いなしです。

 

一度お試しあれ!!

 - シャンク, スイングの基本, スライス

pc

pc

  関連記事

肩の回転でスイング出来ていますか?

重複する内容かもしれませんが、人それぞれスイングイメージが違いますので、言葉、視 …

no image
シャンクを治った10個の動画Part1

プロと一般プレイヤーの原因は違う! プロのスイングを後方から見た場合、グリップは …

no image
誰もが恐れるシャンクの治療方法を教えます!

シャンク防止のスイング矯正! ゴルフが少し上達してきた頃に出現すると言われるシャ …

アイアンはフェースが開きやすいことを理解しないとシャンクは治りません。

アイアンはフェースが開きやすい特性だと一度は聞いたことがあるかもしれません。アイ …

バンカーショットの手前でダフらせるは嘘!

この言葉が初心者を悩ます。   まず、グリーン周りのバンカーのお話です …

飛ばすためのドリルあんどスイングの基本がわかる練習法です。

今回紹介するドリルは、飛距離を伸ばすために必要な筋力をつけると同時に、スイングの …

no image
スライス矯正レッスン

プロ、レッスンプロが推奨するスライス矯正レッスン スライスを防止するためにはドロ …

no image
プッシュアウトもシャンクも原因は同じ!

プッシュアウトの原因と対策 プッシュアウトは振り遅れているから右に出ると言われま …

ダウンスイングは字のごとくまず下方向へ!!

前回は左手首の角度の維持をお話しましたが、今回はダウンスイングの始動の仕方につい …

no image
ゴルフはグリップで決まるの!?

「ゴルフはグリップで決まる!!」や「ゴルフはグリップで始まりグリップで終わる」な …