ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

左手首の角度を意識するだけでスライスは治まるかも!!

   

今回は、ごくごく基本的な話で簡単なスライス撲滅法です。いろいろなことを考えて悩み、基本を忘れがちになることもあります。灯台下暗しですね。

 

コックをするから角度が変わるのでは?

ijihidari

コックはしてください。コックは親指の方向へするものです。よって上図の左手甲と腕の間との角度には影響しません。

 

上図はアドレス時と手の向きが違うのでわかりにくいかもしれませんのでアドレス時のものもどうぞ!

tekubihidari

この黒線の角度が大きく変わらないように心がけましょう。基本インパクト時にこの角度が変化していなければフェースは開かないのでスライスにはなりません。

 

しかし、残念ながらアドレス時に既にフェースが開いていたり、前傾がほどけてヘッドアップしたり、左腕が大きく体の正面から外れた場合は、この左手首の角度が維持されていてもスライスは出てしまいます。

 

トップへ行くまでに腰、肩を捻ったり、手首を曲げたり、コックを入れたりしますので、実際に角度が維持できているのか慣れるまで半信半疑になることもあるかもしれませんが、今まで自由にスイングしていた時と比べれば大きく進歩です。

 

よって、この一点を意識するだけでもスライスを打つ回数は減少するはずです。

 

アプローチシャンクにも有効!

この左手首の維持は、アプローチでも効果を発揮します。カラーからの転がしや50ヤード以内のアプローチもこの手首の維持を意識するだけで格段に向上します。

 

アプローチシャンクの原因は、ヘッドアップや距離を合わせるため手元が緩むからと言われています。しかし、手首維持を意識していればシャンクのひとつの原因の手元の緩みは解消できます。

 

アプローチで高さを出したいときも同じです。フェースは若干開いてあドレスしますが、あとはそのまま維持してスイングするだけです。短い距離ではこの基本的なことが強力な武器になります。

 

ゴルフは、一部分を変えるだけで劇的に上手くなるものではありません。この基本を徹底してみても、スライスが治まらない場合は原因が別にあることになります。スイングブレーンに乗っていない、リズムが悪い、力み過ぎなど原因は様々です。

 

部分部分の悪癖をひとつひとつ解消して、理想のスイングに近づけるしかありません。

 

次回はトップからダウンへの左腕の使い方というか、下ろし方について書きたいと思います。

 

 - スライス

pc

pc

  関連記事

初心者は体重移動を抑えた方が、スライスが治るのでは!?

何度も書いているかもしれませんが、人のスイングは十人十色でバラバラです。ブログや …

アームローテーションを覚えればスライス、シャンクは必ず治ります。

今まで内緒にしていましたが、アームローテーションという秘技を習得してしまえば、こ …

no image
スライス防止で意識すること。

ゴルフはフェイスが開くからスライスする! ゴルフでは飛距離をだそうと思ってスイン …

アイアンはフェースが開きやすいことを理解しないとシャンクは治りません。

アイアンはフェースが開きやすい特性だと一度は聞いたことがあるかもしれません。アイ …

no image
スライス矯正レッスン

プロ、レッスンプロが推奨するスライス矯正レッスン スライスを防止するためにはドロ …

no image
インサイドインでスライスにサヨナラ!

インサイドインをイメージ! まずはこの動画をご覧ください。 某有名レッスンクラブ …

no image
シャンクを直すには左へ振りぬく!!

今回の記事は、シャンク、スライスどちらに悩んでいる人にも効果があることです。 & …

no image
タイプ別克服法 ゴルフスライスこうやって直す!

スライス克服法をタイプ別に紹介! トップページでも説明したようにスライスは3種類 …