ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

初心者は体重移動を抑えた方が、スライスが治るのでは!?

   

何度も書いているかもしれませんが、人のスイングは十人十色でバラバラです。ブログやDVDなどで仕入れた情報を行っても上手く行かないことは多々あります。

 

シャンクで悩んでいる人にインサイドからといっても逆効果な場合が多いです。無数に溢れている情報で自分に合うものを試すしかないです。勿論レッスンプロに教えてもらう方がスイングを分析してもらえて上達の近道です。

 

体重移動はしない!

特に野球経験者はしないほうが良いです。スライス、シャンクに悩んでいる方限定です。

 

自分が思っている以上にボールが飛んでいく方向へ体が突っ込んでいます。当然フェースは戻ってこないので右へ行くのが容易に想像できます。

 

背骨を軸に回転する

イメージも人それぞれですが、「右足の上で回る」「その場で回る」「背骨を軸に回る」のようなイメージで、とにかく飛球方向へ突っ込むのを止めましょう。

 

jikusenaka

 

慣れないうちは、飛距離はワンクラブほど落ちるかもしれませんが、方向は安定して曲りも治まります。

 

野球経験者はこのイメージでも自然に体重移動しています。それ以外の初心者もこのイメージでの練習が第一歩です。

 

プロやジュニアなどは、頭が残って腰だけが飛球方向に動いていますし、それが理想ですが、初心者がその形を真似ようとすると間違いなく目標方向へ突っ込んでスライスでOBです。

 

感覚はボールを打つというよりは、背骨を中心に回るです。

 

もちろんこれだけですべてが解決するわけではありません。これに両腕の動きが加わります。

 

トップの形や、前回説明した、ダウンでの腕の使い方から、フォローに繋がっていきます。

 

腕は振らない

今回は体重移動を抑える話ですが、そのスイングを実践しても、腕で力任せにスイングすれば、ドフック、軸が崩れて状態が起き上がれば、シャンクもでるでしょう。

 

腕は脱力して、体の回転に腕が引っ張られる、体に巻き付くと考えた方が良いでしょう。

 

これも何度も言っていますが、腕の力で振ると、遠心力、重力が大きく働き、スイングブレーンから外れるだけです。ダフリ、トップ、フック、スライスすべてのミスが発生します。腕は振るより、ローテーションですが、取りあえず、始めは使わないイメージです。

 

トップから腕をある程度下ろしたら、あとは背骨を軸に回るのです。ハンマー投げのようなイメージが分かりやすいかもしれません。

 

とにかく、脱力して回転だけで練習してみてください。自分が思っているより飛距離は出るものです。ゆったりしたスイングで練習を心がけてください。

 

 

 - シャンク, スライス

pc

pc

  関連記事

no image
プッシュアウトもシャンクも原因は同じ!

プッシュアウトの原因と対策 プッシュアウトは振り遅れているから右に出ると言われま …

no image
シャンクを治った10個の動画Part1

プロと一般プレイヤーの原因は違う! プロのスイングを後方から見た場合、グリップは …

no image
誰もが恐れるシャンクの治療方法を教えます!

シャンク防止のスイング矯正! ゴルフが少し上達してきた頃に出現すると言われるシャ …

no image
V字スイングでシャンクを治そう!

  今回はシャンク克服法についてです。   出来るだけ簡単な …

肩の回転でスイング出来ていますか?

重複する内容かもしれませんが、人それぞれスイングイメージが違いますので、言葉、視 …

no image
スライス矯正レッスン

プロ、レッスンプロが推奨するスライス矯正レッスン スライスを防止するためにはドロ …

no image
スライス防止で意識すること。

ゴルフはフェイスが開くからスライスする! ゴルフでは飛距離をだそうと思ってスイン …

アイアンはフェースが開きやすいことを理解しないとシャンクは治りません。

アイアンはフェースが開きやすい特性だと一度は聞いたことがあるかもしれません。アイ …

no image
タイプ別克服法 ゴルフスライスこうやって直す!

スライス克服法をタイプ別に紹介! トップページでも説明したようにスライスは3種類 …

アームローテーションを覚えればスライス、シャンクは必ず治ります。

今まで内緒にしていましたが、アームローテーションという秘技を習得してしまえば、こ …