ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

タイプ別克服法 ゴルフスライスこうやって直す!

   

スライス克服法をタイプ別に紹介!

トップページでも説明したようにスライスは3種類あります。

 

その3つのいずれの原因も、インパクトでフェースが開いていることにあります。

 

大げさに言って、トップからフォローまでフェース面を飛球線(打ち出す)方向に向けたままスイングできればボールは真っすぐ飛んでいきます。

 

しかし、肩も腰も回しますし、コックも入れるし、肘も曲げますのでそんな訳にわいきません。

 

ではどうすれば、よいのでしょうか?

 

 

左からフェアウェイに戻ってくるタイプ(右打ちの場合)

このタイプはクラブがアウトサイドから入ってくるので、左側へ打球が飛びだし、インパクトでフェースが開いているのボールが戻ってくるタイプです。

 

このタイプはインパクト直前で手首を返すと、左一直線の捕まった球や、ひどいときは引っかけがでるタイプです。

 

ゴルフクラブは長い棒の先端に重めのフェースがついていますので、スイングすると遠心力やモーメントが発生し、体から遠くに行こうとします。

 

トップから打ちに行こうと力むと、外へ外へとクラブが引っ張られることになります。下の図はこのタイプのスライスと理想のクラブの軌道です。

 

理想の軌道に近づけるには、トップから打ちに行かず、自然に(重力に任せて)右ひじが右わきに近づく(落下する)のを待ってから打ちにいきます。

 

これだけで理想的な軌道に近づけます。注意としては、右ひじと一緒に右肩まで落下させてしまうと、ダフルことになります。

 

力を抜け!と言うのは、肘の自然落下と結びつくことがあります。

 

後述しますが、あとはどうやってフェースを閉じる(維持する)かです。

 

 

 フェアウェイから右ラフやOBに行くタイプ(右打ちの場合)

とりあえず、アウトからは入って来ないのでスイング軌道はOKだとして、インパクトではフェースが開いています。

 

初心者でフェースが開く理由は、顔や上体が早めに動いてしまい、左肩が開き左肘が引けることが多いような気がします。

 

もう一つはインサイドインの頁でも説明したように、ボールを打つという気持ちが強すぎて飛球(目標)方向に流れて物理的にフェースが戻れないことが理由だと思われます。

 

とにかく、インパクトまで体・顔を上げないことのみを意識すれば、曲がり幅は減少するはずです。

 

このことを意識しても変化しない人は、腕だけでボールを打ちに行きすぎです。ゴルフボールの後ろにある仮想のボールを打つイメージでスイングしてみましょう。

 

アイアンはダフル可能性もありますが、ドライバーは良くなると思います。ボール半個分から2個分くらいの間で、試してみてください。

 

 

 

 - スライス

pc

pc

  関連記事

no image
シャンクを直すには左へ振りぬく!!

今回の記事は、シャンク、スライスどちらに悩んでいる人にも効果があることです。 & …

左手首の角度を意識するだけでスライスは治まるかも!!

今回は、ごくごく基本的な話で簡単なスライス撲滅法です。いろいろなことを考えて悩み …

no image
スライス防止で意識すること。

ゴルフはフェイスが開くからスライスする! ゴルフでは飛距離をだそうと思ってスイン …

アームローテーションを覚えればスライス、シャンクは必ず治ります。

今まで内緒にしていましたが、アームローテーションという秘技を習得してしまえば、こ …

no image
インサイドインでスライスにサヨナラ!

インサイドインをイメージ! まずはこの動画をご覧ください。 某有名レッスンクラブ …

アイアンはフェースが開きやすいことを理解しないとシャンクは治りません。

アイアンはフェースが開きやすい特性だと一度は聞いたことがあるかもしれません。アイ …

no image
スライス矯正レッスン

プロ、レッスンプロが推奨するスライス矯正レッスン スライスを防止するためにはドロ …

初心者は体重移動を抑えた方が、スライスが治るのでは!?

何度も書いているかもしれませんが、人のスイングは十人十色でバラバラです。ブログや …