ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

コースデビューするときの鉄則5箇条

   

goljfmanner

何度か練習に行って、いよいよ大事なお客様とコースデビュー。緊張とワクワクの半々かもしれません。

 

ゴルフ場にはもちろん他のプレイヤーもいますのでご迷惑をかけないのことが大事なことです。

 

他のプレイヤーに迷惑をかけたことにより、自分のお客様にクレームが入り間接的にご迷惑をかけることも十分考えられます。

 

 

1.服装は襟付きシャツ

少し不安になることを書きましたが、これからのことを最低限守っていれば問題無です。

 

プレーするときの服装は襟付きのシャツです。シャツの裾はズボンにインしなければなりません。またズボンはジーンズはNGです。

 

夏場の短パンは可ですが、靴下が短すぎるとNGです。

 

またプレー前のゴルフ場の建物に入る時の服装は、格式高いゴルフ場ではジャケット着用が必須な場合があります。

 

最近は服装に関して緩々なゴルフ場が多いですから、その辺は同伴のプレイヤーに確認してください。

 

 

2.他のプレイヤーがプレイに入るときは静かに!

同伴のプレイヤーがボールを打とうとするときは黙っていることが常識です。プレイに集中させてあげましょう。

 

また、週末や祝日などの混み合っているときには、必ず前の組のプレイを待つ場面に遭遇します。前の組がティーショット(1打目)を打つときもお喋り厳禁です。

 

前の組が2打目以降のときは、距離も離れているので気にしなくて大丈夫です。

 

 

3.クラブは常に3・4本持ち歩く!

ゴルファーは理由もなく待たされるのを嫌がります。プレイファーストという言葉があるように、前の組が詰まっていなければどんどんプレイを進めなければいけません。

 

初めてコースデビューの時は、右往左往することが当たり前ですので、1打ずつカートにクラブを取りに行ってては時間がかかるだけです。

 

なので、プレイ中は3・4本のクラブを持ち歩いてください。また、ボールの地点やカートに戻るときに走るなどして、下手糞なりに急いでいますと後ろの組にアピールしておけば、それだけで好印象を与えます。

 

 

4.グリーン上では足を引きずらない!

上手くなればなるほど、グリーンのちょっとした凹みや傷が気になります。それほどパッテイングに影響を与えスコアに直結しますので当たり前と言えば当たり前なのですが。

 

ゴルフシューズは、野球やサッカーほどではありませんがスパイク状のものなので、足を引きずるとグリーンを痛めてしまいます。

 

3では、走ると書いてありますがグリーン上は走らないでください。

 

 

5.ナイスショットを心掛けよう!

自分のショットのことではありません。一緒にプレイしているお客様や友人がナイスショットしたときは、声を掛けてあげてください。

 

初めてでナイスショットかどうかわからず不安と思う場合は、他の人がナイスショットと言えば、それに続けばいいと思います。

 

 

最後になりますが、一緒にラウンドしてくれる人は、必ずサポートやフォローをしてくれますので、デビュー戦を思う存分満喫してください。ゴルフ場は想像しているより綺麗ですのできっとはまるはずです。

 - 未分類

pc

pc

  関連記事

ゴルフの100切りをするための秘策。

今回は技術的な情報はありません。ゴルフ歴が浅い100切りを目指す人へのアドバイス …