ゴルフスライス矯正ナビ

初心者が悩む嫌なゴルフのスライスの矯正、克服方法を紹介します。野球少年の癖でゴルフスイングがわからない人必見

*

ゴルフの100切りをするための秘策。

   

今回は技術的な情報はありません。ゴルフ歴が浅い100切りを目指す人へのアドバイスです。

 

基本的な考え方

私たちが一般ゴルファーがラウンドするゴルフ場はPar72です。

 

内訳は、

  • ショートホールPar3が4個
  • ロングホールPar5が4個
  • ミドルホールPar4が10個です

100を切るには99でホールアウトする必要があるので、

 

99-72=27 27÷18=1.5

 

1ホールにつきパーより1.5打余裕があることになります。

 

ボギーとダブルボギーで交互に凌いでいけば、ぎりぎり99点で上がることが出来ます。

 

どうでしょうか?少しは気が楽になったでしょうか?

 

では、次に100を切るためのマネジメントの仕方です。

 

 

OBはNG!

2ホールで3しか余裕がありませんので、2打失うOBは基本NGです。パーを取れるのであれば1、2回は許されます。

 

OBの確率が一番高いショットは、1打目のティーショットだと思われますので、重要です。

 

 

周りの目を気にせず得意のクラブを握る!

balloons100

ゴルフを始めて間もない場合、やはり長めのクラブが苦手なのではないでしょうか。

 

どうしても100切りしたいのであれば、ティーショットも得意のクラブを握りましょう。8番アイアンが得意であれば、8番で構いません。OBを避けることが1番重要です。

 

男性であれば、8番アイアンで飛距離は130y~140yぐらいでしょうか?ミドルホールであれば、大体のホールはそれなりに8番アイアンを3回打てば、グリーンに乗るか、グリーン付近まで行きます。アプローチが寄れば1パット、寄らなければ2パットで沈めます。これで5点or6点です。

 

ロングホールでも考え方は同じです。ひたすら得意なクラブを握ります。バックティーで回らない限り、500y前後でしょうから、4打でグリーン近辺、アプローチ1打で1パットか2パット。これで6点or7点。無理してロングアイアやウッド系でダフリやチョロが出ては1打損してしまいます。稀に当たっても曲がってOBになればジ・エンドです。

 

これが100切りの基本的な考えです。勿論ドライバーを残せる自信があるひとは、ドライバーを握れば楽になりますし、バンカーショットが苦手であれば、ひたすらバンカーに入らないことを祈ることになるでしょう。

 

そんなに自分の意思通り運ばないのがゴルフではありますが、たまにパーやバーディーが出ることもあります。

 

ゴルフの楽しみ方は人それぞれなので、そんなこじんまりしたゴルフはつまらないと思うかもしれませんが、100だけはどうしても切りたい方はお試しください。

 - 未分類

pc

pc

  関連記事

コースデビューするときの鉄則5箇条

何度か練習に行って、いよいよ大事なお客様とコースデビュー。緊張とワクワクの半々か …